2017年4月30日日曜日

大花見なんちゃってロード練

前日、参加者が多いと次の日は皆無というのが
いつものパターン

ヘリポートから上山田セブンまで
昨日の疲れが残り、1人は辛いな〜と

思いきや

助っ人登場
シマノおじさん

ちょいちょいおしゃべりしながら南下

上山田セブンには
半さん、1telくん、遅れてシゲさん

あれ?高校生は誰もいない?

昨日、引率の先生にシゴかれ過ぎたのか?

シマノおじさんの話では
大花見コースの途中から聖高原へぬけた 

らしい

いやらしい登坂がつづく厳しいルートでシゴかれた模様



半さん相手ができるおっちゃん皆無で
半さん1人インターバルトレーニング

その他のおっちゃんは
なんちゃって1人ロード練

終始桜満開の沿道 天気も良くこれぞ大花見となった

セブンでまったりして、暑くなる前に終了

2017年4月29日土曜日

松本サイクルトラックレース応援ツーリング

いつもの練習仲間が出場するから、ぜひ応援ツーリングをしましょう!

なんて声を掛けられ、企画したら

当の本人が都合が悪くなって“行かれない”って

どういうこと?

責任者出てこーい!!

で、午後天気が悪くなるらしい?
(結果的に悪くなったんだけど)

決行するか延期かは集合場所で相談
でも、どうしても今日しか都合がつかないという練習仲間もいるはず

ボトル1本ヤメて、カッパ装着

Go!


企画OK済みの上田組+高校生4人

そして永い冬眠から覚めたマップマン

高校生が行きたいとの事だが
美鈴湖がどこにあるのか、果たして知っているのか知らないのか

さらに、午後天気が悪くなるとなると
ちょっと連れて行けないわな

が、高校生1人行けないとなると
他、追随

誰も行かないことに

おっさんだけなら、最悪見捨てて
または見捨てられても、ぜんぜんOK

といこことで、雨覚悟で決行

高校生4人は、言い出しっぺで行けなくなった
引率の先生にお任せして

48峠のトンネルを抜け
高校生その他おじさんらと別れ

マップマン、ライザップ、1telくんでGO!

あれシゲさんは?

別行動で半さんと向かった様です。

冬眠明けで脚が出来てないマップマンを
途中、見捨てたり拾ったり見捨たり

10時ちょい過ぎには到着

昼食を予約した、カフェ ピラータさんへ

前もって調整していた事もあり
スムーズに豪華なランチタイム

安価な上、食いきれるかぐらい出てきた!
さらに美味しい

実は6〜8人行くよ〜と調整したのですが、
朝5人へ変更メール

で、4人しか
行かなかったもので
パンが多かったみたい

すみません!カフェ ピラータさん!

ちなみにここのオーナー
大の自転車と音楽大好き

表にはサイクルラック
レンタサイクルに有名人のサイン

そしてピアノに電子ドラムあり

辺境の地に恐るべし趣味の店

大満足で完食!
動けね〜

カレーが出そうだ〜とうなりながら
美鈴湖バンクへ

ちょうど、信大H部長が走るところを見れたが
H部長と分からず静観

いつもの練習仲間はずっと後

唯一、近い時間がハッシーと思いきや
DNS

さっさと帰るべ
応援しに行ったのに応戦せず

武石峠経由で下界に降り

上田組と別れて
ポツリポツリの雨が降り

マップマンを見捨てて

終始向かい風の中
ヒーヒー言いながら無事帰宅

づかれだ〜!!!!

でも楽しかった!
女子を撮ったんじゃありません!マスターを撮ったんです!

しつこいようですが、女子を撮ったんじゃありません!マスターを撮ったんです!

じゃ最初からこうやって撮ればいいじゃん!いやいや読者サービスです!

いつもの練習仲間のヘンタイ様ご一行

ガリガリくんだったタケちゃんが、ムッキムキのスーパーモナカに変貌!

パンクしちゃたとのこと、その後のレース結果はどうなったのか!

あんまし関心ないからどうでもいいや
で、心地よい音楽をどうぞ

video

バイリンガルであんな楽器やこんな楽器が演奏出来て
カッコよすぎでしょう!

2017年4月25日火曜日

第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 1日目のF

みなさ〜ん お待ちかねの女子の部写真集ですよ〜♪

1日目は弱ペダ唐見選手の独走
つおいですね。
2周目へトップグループ

トップグループから落ちた選手その1

その2と3

プロトン

プロトンから落ちた選手





その間にリーダージャージ授与横浜高校

一番最後の選手

唐見選手3周目へ


落ちてきた選手をまもなく吸収するプロトン

プロトンから落ちた選手





4周目へ唐見選手独走

現在2位

そして3位

その後ろにプロトン

プロトンから落ちた選手






足切りが始まりました

唐見選手優勝!

2位

3位

4位

プロトンはゴールスプリントで崩壊


完走選手




おしまい!2日目はないよ〜

2017年4月23日日曜日

第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 2日目

朝チラホラ雪が舞っており、天気は良いのですが寒いです。

今日はエース鮎ちゃんも参加
「ここのところ忙しくて、走れてないんですよ〜」とのことですが

こちらはアップでアップアップでついていけません

まっ例年どおりなので
今日のところは勘弁してやった

昨日12位に入っているイナーメR太郎くんを勝たせるために、作戦を練って上げたが
イナーメその他E1のヒトのデキが悪いということで却下

こちらもそれどころでないので、自力で勝つように指示

人数そして脚のある選手が揃った、リンク東北、シルベストの新チームVCヴェローチェ、湾岸サイクリング・ユナイテッド、SPADE・ACEが集団の中でも目立つ存在です

なかでもリンク東北は先頭、中盤、後方、連絡係みたいなのもいて、レースコントロール感が半端ない

力のある各チームのエースも積極的にレースをつくり

昨日より、若干まったりしている気がするけど、そうでない選手はしがみつくだけ状態

周回するごとに人数が絞られていきます。

鮎ちゃんは中盤、前の方へ

自分はしがみつくだけ

終盤、逃げができたみたい。

心臓破りの坂で切れ、ここで金魚のフン状態

平らになったところで、後ろから爆走する選手の後ろについて
フンの合体

変われサインを無視してたら

「村さん変わってくださいよ〜」って

知り合いだった(笑)

昨日、声をかけていただいた
オータッチの弟子だったSくん

しょうがない引いたけど、あまりに遅かったのかすぐに変わってくれ
落ちてきた選手をかわしてゴールスプリント!

後ろからもまくり上がられゴール

Sくんには勝ったら

で「村さんヒドイじゃないですか〜って」
これが勝負の世界ですから


それにしても
Sくんのお陰で頑張ってしまった

Sくんは、先頭の方で逃げに乗ったり潰していたら、最終周回
心臓破りで登坂できなくて遅れ、平らで持ち直し
追いかけたそうで

E1楽しいって連呼してました。
積極的にレース運びをし、成長ぶりがスゴイし、これからの成長も楽しみです。

こういう選手は強くなります。
きっと近い将来Pにいけるぐらいの力をつけることでしょう

2人で逃げれたら、ゴールまで引いていただけるそうですが
ありえね〜(笑)

脚ができてないわりに楽しめ、ケガなく終わって良かった良かった

終わった後は、焼き肉しながら鮎ちゃんと作戦会議

天気も良かったので渋峠経由で帰ってきたら
いっぱいサイクリストが登坂してました

ちなみに峠付近は2度でした

2017年4月22日土曜日

第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 1日目 

実業団今季初レースです。

毎年、冬眠明けのため苦しい展開になるわけですが、今年もかなり苦しかったです。

天気は晴れているが、風が冷たく強い
参加者は130人弱
7周回の42km

一番後ろからスタートして
速すぎて前に出れず、しがみつき状態

朝飯を食べ過ぎて、カラダが重く
なんか出そう

唯一得意の心臓破りの坂も、心臓破れそうな速さで
ココロ折れました

コントロールラインは向かい風。ここで切れたら
後は1人我慢大会になってしまうため、必死にしがみつき

レースが半分ぐらい過ぎたところで
心臓破りの坂からコントロールラインまでスピードが上がり

瀕死状態

ここで半分ぐらいに人数に絞られる

なんとか生き残り、朝飯の消化もほぼ終了
最初で最期、前の方でレース展開

ほどなく後ろに下がり、後はしがみつき状態

数人の逃げができ
上げ下げが激しく辛い

最終周はカラダは軽くなったが
足がついていかず、第一集団の金魚のフン状態というか
ほぼ、切れた状態のフンでゴール

終始ゲロゲロ苦しいレースとなった。

写真はE-2マスター
たぶん、大会最高年齢

完走目指しましたが、ダメでした
残念!
2周目突入

3周目突入

で切られちゃいました
 年齢に関係なく挑戦するスピリッツ見習いたい姿です!

E-2レースでお友達ライダーの麒麟山オーノッチが痛恨の落車。病院へ行くほどではないですが、擦過傷が深く痛々しい状態

お大事にしてください。早く復活して元気姿また見せてください。