2017年7月30日日曜日

第1回 JBCF やいた片岡ロードレース

今回のJBCFもKYさんと遠征です。

鮎ちゃんも参加予定でしたが、都合によりDNS

朝、雨が降っていましたが、徐々に回復方向に


昨日の監督会議で、対面通行になる1キロ弱は
警察の許可が下りないので、トップより遅れ対面になりそうな選手は足切りとのこと

実際、試走して
登坂と下りになり、広い道とはいえ危ない

足切りは3〜5分程度か

まあ、1周10キロあまり
15分程度で回ってくるとしたらそんなもんでしょう

それより、コリーナ矢坂の10%〜12%が続く1キロあまりの登坂がエグイ

石川よりラクだけど、サバイバルレースになる

グレーチングが各所にあったが、本番では滑り止めがキチンとされた

出走は100名弱。スタートまでKYさんとバカ言いながら待ちます

ローリングスタートなんですが、これが割と速い
パレードじゃないからこんなものか

対面通行の広い道に出たところでリアルスタート

まいどのことだが弱ペダが逃げ
コリーナ矢坂の登坂でリーダジャージのグランペール岩崎選手が
逃げていた弱ペダに合流先頭に立つ

集団は牽制
下りやところどころで単独の逃げが起きるが放置

ゴールラインで吸収。その後の180度ターンが
後ろにいればいるほど辛い

2周目の対面の登坂では先頭に立ち
コリーナ矢坂の入口で後ろに下りついていく

1キロということもありゆるまない

これは、心拍系が続かない
この後はもう前に行く元気がないというか
どうも調子が悪いみたい

3周目。後ろに下がったまま

コリーナ矢坂の登坂でお友達ライダーのFETE I沼選手の後ろに着くが
後少しのところで分裂

第2集団となった

第2集団でも、前に行くことができず
つきいちくんどころか辛い

歳をとると、ちょくちょく、謎の調子がわるい時があって
弱ってしまう

喉も乾き、水も無くなるほどに

先頭集団とは45秒差で4周目へ
KYさんがコーリナ矢坂の入口にいて
足切りされたよう

あまり差が開かず5周目へ
コーリナ矢坂の入口は足切りにあった選手多数

やはりサバイバルになった

第一集団から落ちた選手を吸収しながら
ゴールスプリント&ゴール

それにしても第一集団に残った選手との力の差を感じるレースだった

2017年7月23日日曜日

全日本MTB選手権XCO男子マスターズ



やってきました富士見パノラマスキー場
久々の全日本MTBおっさんの部への参加です。

ここ数年、福島県石川町のロードと重なり
そちらのレースの方が面白いので、チョイスしてましたが

今年は、2d宮田村と重なったので
迷わず、MTBが日本一速いおっさんの称号を目指すことにした

アテネオリンピック日本代表、スペシャ竹谷選手のエントリーもあり
一部の熱いおっさんの走りが見どころ

元プロも来やがった

トップはエリートでも完走できるレベルである

スタートはす〜さんと仲良くとなりあわせ
真ん中より少し前

小雨が降ったり止んだりと走りやすい天気ですが
コースはウェットになり滑りやすいトリッキーなコースに

スタートはいい感じでしたが、しばらくして左で落車発生
多分、はすったと思われる

巻き込まれることなく、前の方に行けた自分とすーさん

といっても前には10人そこそこいる

大人しく前の選手についてシングルトラックへ突入

長いシングルトラックの登坂に入り
自分のグループは、その前の選手と徐々に差が開いていく

これはまずいので、行けそうなところで
無理して前へ

広くなったところで一気に前の選手に追いつき
スルーしてさらに前の選手を追う

このコース一番の見せ場、ロックセクションその後のテクニカルな登坂
雨で滑って、降りた方が速い

そこで、前の選手が乗車にこだわり
もたついているところをスルー

1周終了時5位に浮上。前はかろうじて見えているが

とおおおおおいいいいいいいいいい



ということで、後は一人我慢大会
4位の選手と徐々に離されているみたい

3周目は先スタートのジュニアの選手や女子の選手をクリアしつつ、
中野立志館自転車競技部部長ハッシーを、捕らえようと気持ちを切らさない

シングルトラックから出て芝のところで、落車
雨も強くなり、登坂も気を抜くとスリップする

4周目、遠くの方にハッシー発見!

最後の力を振り絞り、慎重にかつ
気持ちはスピードアップし

ゴール

ハッシーには追いつかなかったw

ということで前の選手に追いつくことなく
後ろの選手に追いつかれることなく5位キープ

まあ、MTBはマシントラブルない限り
自分より力のある選手には勝てないわな

1位 品川選手 AISAN 元プロロードレーサ
2位 竹谷選手 スペシャ元プロMTBチャンピオン つーか現役バリバリでしょ
3位 白石選手 シマノドリンキング元プロMTBこいつも全日本でチャンピオンになったような
4位 斎藤選手 GAINT元プロMTBで社員さん
5位 ただのおっさん
6位 多田選手 たぶんただのおっさん
7位 小田島選手 たぶんただのおっさん
8位  竹田選手 たぶんただのおっさん
9位 す〜さん ただのおっさん 

こ これは日本一MTBが速いただのおっさんの称号はいただいたことで良いのでしょうか?

もう、富士見のコース飽きたから
そろそろリニューアルして欲しいな

写真)ふぉとふぉとさんから勝手にコピペ

2017年7月16日日曜日

第16回 JBCF 石川サイクルロードレース E-1

自分の脚質に合っていて、75kmも走れ、ここ数年毎年このレースをチョイス
すっかり、福島県石川町に来るのも定着している。

今年は、完走危ういKYさんが
E-1残留を目指し、ポイント稼ぎに参加ということで同伴となる

で、集合時間に「ちょっと遅れます」って電話が入り
かれこれ1時間超

やっと来やがった

下道で高速代ケチる予定がなくなった  ジャン!

受付と監督会議に間に合う様移動して

本日の宿は、会場から10キロほど離れた、温泉付安宿へ

客が皆無のせいか、2間もあるビップルームに通されて喜んでいたが

見た目クーラーだけど、送風しか出ず

あじ(暑い)〜

窓を開けると、冷やっとした風が吹き抜け
これは、カゼをひくパターン

KYさんは熟睡できたようなんですが
そのままレース中も夢の中だったみたい

目が覚めたのが帰りの車の中

ず〜と寝てやがった(笑)

レースに来たのか寝に来たのか
恐るべしKYさん

鮎ちゃんは
三峰山ヒルの後、カゼが治って、
ちょんこづいて、練習して仕事してたら、またカゼ引いたって

そんなゆかいな2人と仲良く、アップを兼ねた試走を1周

スタート地点に移動してサインして
日陰で待機

クチャべっていたらまもなくパレード走行

で、立ヶ岡でリアルスタート

1周目はちょっとゆるい感じなんですが

下りの直角カーブで、湾岸の選手が
曲がりきれなかったのか、路肩に突っ込んで落車してた

立ヶ岡からの登坂に入る前には、前の方で走る事ができた

と思ったら、逃げが早速できる
逃げているのは3人ぐらいか

吸収しようとはせず、
一定の距離を空け、登坂

2周目に入り、逃げとは30秒差
自分がちょうど良く走れているので
たぶんゆるい速度

つい先頭に出ちゃう時もありますが
基本つきいちくん

3周目に入ると、鮎ちゃんが前の方に出て来たので
自分は後ろに下がり、集団を観察
出走106人のうち70人はいる感じ

立ヶ岡からの登坂に入ると、逃げグループとは45秒に広がる

こうなるといつ動きが出てもおかしくないので
先頭付近にいる鮎ちゃんの後方で待機

4周目の立ヶ岡からの登坂でスピードアップ
このスピードアップでかなり落ちていき

鮎ちゃんも離れた
+チェーンが外れて戦意喪失したそうです。

だいぶ絞られ集団は30人ぐらい
率先して引いているのはウォークライドの選手

自分もスタートライン後の登坂で前に出たり
レースに参加

逃げのグループに追いつこうと
下りのスピードが半端ない

登坂もそれ相応のスピードでしがみつくのがやっと

最終周回。どこでかわからないが逃げを吸収

牽制・加速を繰り返し、補給エリア手前でスピードが上がっていく

たまらず、自分含め数人が落ち

補給エリアに入るとさらにスピードがあがり
金魚のフンどころではなくなり
ただのフン状態でゴールスプリント

集団は最終カーブで落車があったみたい

DNFだったお友達ライダーのイナーメ中Eさんが
「村さ〜ん!前で落車!」と叫んで注意をうながす

落車に巻き込まれた選手をかわしつつ
復旧できた選手らと
ゴールスプリントして終了

ビッグポイントこそ獲得できなかったが
つきいち作戦で実力を発揮できたレースとなった

で、車に戻ってみたら

KYさんはアスファルトの上で寝てやがる

他のチームが応援してくれているのにー!






レースに来たのか寝に来たのか!


まあ、泊まった宿のクーラー霧ヶ峰が
睡眠風だったということで

熟睡できて良かったね  KYさん♪

2017年7月9日日曜日

第2回 JBCF 三峰山ヒルクライム with 恐竜の足跡


初めて来ましたが、秩父周辺良いところですね〜♪

高速代をケチって、下道で一番近いと思われるルートで現地入り
佐久市から十石峠を超え、埼玉上野村へ

国道だよな〜 

狭!

ところどころ狭過ぎて大型通れないんじゃない的な

名ばかり国道

後部座席に、白いワンピを着た髪の長い女性か落ち武者が
いきなり現れてもおかしくない不気味な道をクネクネ

明るい内に移動できて良かったw

目星をつけていた食堂で夕食を済ませ
会場手前のトイレ付Pで車泊の練習

暑くて寝れないジャン!

練習なのでいろいろ試行錯誤して
なんとなく寝れた

朝、鮎ちゃんと問題なく合流
KYさんとは合流できなく電話

「近くまで来ていると思うんですけど、ここどこですかね〜」

「そんなん知らんわ!」

「だいたい一度来てるジャン!」

ということで仕方なく放置

鮎ちゃんとコースを試走しながらアップ
序盤、ゆる登りと平坦が続く

で、本格的な登坂が始まる

13km平均勾配6%
E1は42名

人間扱いされない選手はニセコかー
これはビッグポイントを狙えるチャンス!

サイン終了5分前
KYさんがやっときた

ということでやっと整列
バイクの置き場なくガードレールに立てかけ談笑

3人並んで仲良くドンケツスタート

前の選手、クリートキャッチがなかなかできなくフラフラ
危うく落車しそうになる

先頭がダーと行かないうちに後ろにつきたい

なんか牽制しているのか、弱ペダがダーといったけど
誰もついていかず

グランペールの選手の後ろに皆ついている感じがする

徐々に前にでて10番目ぐらいの好位置につけた

最初の平坦ポイのは25kmぐらいでかっとび
逃げていた弱ペダを吸収

斜度が上がったところもなんとかついていき
平坦になり30~33km超

きついよ〜

集団はここでだいぶ小さくなった

と思う

自分の前に10人ちょっと

大血川溪流観光釣場までなんとか着いていき
ここから本格的な登坂に入る



着いていけず、少しづつちぎれます
速度的には1キロ弱程度なんですけどね

あ〜 待ってくれ〜って感じ

まもなく集団から2人落ちてきて、内1人はスルー

後は一人我慢大会

あづいよ〜 苦しいよ〜が続きます

残り5km。VC VELOCEマツケンさんに抜かされ
なんとか後ろに着きましたが500m程度で切れ

また、後は一人我慢大会
あづいよ〜 苦しいよ〜

残り2km
後ろに気配を感じます。

来た〜!!後ろに着くも
速キレ

トンネルで また来た〜!
今度は平らなので後ろについていったら

悪の秘密結社弱ペダだった

登坂に入ると緩み
先頭交代

前の選手を追いますが
力およばずそのままゴール

三峯神社まで下って表彰式やって下山



帰りは、鮎ちゃんから
小学生の時に見た、恐竜の足跡の話を聞かせてもらったもので

寄ってみた


!

小学生の夢壊すんじゃない!

きっと鮎ちゃんはグレたにちがいない


群馬県南牧村も寄ったら
昭和40年ぐらいから止まった村だった

富岡製糸工場と一緒に世界遺産を目指せば良かったのに

2017年6月25日日曜日

ズズキ2号に負けたCdJ妙高大会

まずは全日本ロードU23で優勝!シマノレーシング横山航太選手おめでとう!

シクロに引き続きロードと2冠達成!

さらなる飛躍を期待してます。

JCFより写真拝借

そんな日本一を決める大会が行われている時間
コソっと行われたCoupe du Japon 新潟県妙高杉ノ原ステージ

家から車で1時間以内に行けると好立地

ですが、J2の上、都心からは日本の果てということもあり
例年参加者少なく、マスタークラスは15名と
シクロより少ないんじゃねえの

閑古鳥状態

おっさんになると、車の移動も大変だからね

人数すくないので
毎年好成績を納めていたのですが

やってしまった

練習仲間のスズキ2号に撃沈されました

調子が悪いとうのもあったんですけどね
昨晩、蚊がうるさくて眠れなくて

でも、3位死守できたので
スズキ2号と表彰台GET!

1位は竹





だー!

谷じゃないんかい!


レースはこんな感じ

お友達ライダーのサワサワさんが、ダー!と行って
まもなく失速

6人ぐらいのパックのどん尻

登坂に入って、スズキ2号の後ろに付けて
3位浮上

後はひたすら我慢大会なんですが

我慢できなく
少しづつスズキ2号との間が広がっていく

2周目、スズキ2号がトップとの差を縮めた

4位に後続の選手が迫ってきたが、しばらくしたら消えた

3周目、スズキ2号とトップとの差が広がった
自分との差は広がる一方

最終周回、4位の選手に迫られるが
逃げ切り表初台ゲット

スズキ2号は1位に後一歩届かず

でも、3位になったお陰で
有名某ショップブログで紹介され、欲しかったグッズがもらえた!
ドヤ顔のスズキ2号(腹たつな〜この顔)

男子マスターズ 5Laps
1. 竹田 佳行 kei’s power! 1:00:36.79
2. 鈴木 敦夫 松本エキノコックス 1:00:40.83
3. 村田 隆 快レーシング 1:02:06.17

2017年6月21日水曜日

JBCF栂池ヒルクライムクラッシック写真集 Byふぉとふぉとさんから

ふぉとふぉと館さんいつも写真ありがとうございます。

今回も勝手に拝借

係員に「自転車持って立ってなさい!」と言われ、マジメに立っている図。あっチバポンズのヒト、バイクのフレームに座っているジャン!

お友達ライダーのI沼さんとランデブー。
ちなみに先だって開催された木島平2dも完走している実力者






後ろにいる4人のうち、2人にスルーされ、I沼さんは着いていかれたが、自分は切れた








カメラの前なので頑張っている図




鮎ちゃんは熊野3d後カゼを引いて病み上がり状態



 で このベロ出しくんはなに?人間扱いされないJBCFの選手のために、抗議行動?



ゴンドラから降車後


2017年6月18日日曜日

JBCF栂池ヒルクライムクラッシック

ヒルクライムが遅くなった・・・・

1時間切れなかった

調子も良いとはいえないが、悪くない
年齢のせいだろうか

悩ましい


それにしても栂池ヒルクライムしょぼくなった
JBCF参加者にはな〜んもくんなくなってしまった

タオル入観光パンフはご自由にどうぞみたいな

でも、要項に
“豚汁とおにぎりが用意してある”と明記してあるので

本部に聞きにいったら
「今年は金券になって、入っていますよ〜」と言われた

けど、ないんですけど!!!!

うちのチームだけ入ってないのかと他チームのチャリ友に聞いたら
「入ってなかったよ〜」って

どういうこと!!!

当局が がめたのか!

せっかく温泉セットも用意してきたのに


どーせ、当局が

「あいつらはレースバカだから、な〜んもいらないす」って
栂池人の温かいおもてなしを断ったんだ

きっとそーだ!そうに違いない!

ちくしょ〜人間扱いしやがれ!

グレてやる!


でも、今回は
レースに出ない1telくんに、もらったから
食い物&温泉にありつけたよ

温泉の湯あがりに少しくつろいでいたら

温泉券をもらえなかった選手がきて

「温泉券入ってなかったんですけどダメですか」って

受付のおばちゃん「いいよいいよ入ってきなって」

栂池人やさしい!!!!


さて、レースです

鬼教官とお付きの人2名の自走自称応援団
10時に帰らないと殺されるということで

応援せずに帰えてった

レースに出るシゲさんは

調子悪いって

やっぱり帰えてった

なら 金券おいていってくれよ!!!!!


ここ笑うところですよ〜



鮎ちゃんとアップしてスタート地点にいったら
E-1エリア狭くて、係員に

「あと、15分でスタートだから
バイク持って立ってなさいっ」て

立たされた

座っちゃいかんのか
あんたも鬼教官か!!!!

まあ、超有名人ヒルクライマーお友達ライダーの麒麟山T崎さんと、
超無名人サイクルマインドお友達ライダーのM口くんと談笑して
あっと言うまにスタートになっちゃんたんですけどね

スタートして30人ぐらいのトップ集団に乗るも、力なく切れ

お友達ライダーのFITTE I沼さんに引いていただくも

後ろからきた2人にI沼さん乗れ続けられたんですが
自分はまもなく着き切れ

後は、後続に抜かされるだけ

半分過ぎたところで、E2のトップ選手に抜かされ

残り3キロ地点でE3のトップ選手に抜かされながらも

いい感じで走れていた気がするんですが

結果は1時間とちょっと

ダメじゃん!全然ダメじゃん!


これじゃ自走自称応援団も帰るw

え〜ちなみに仲間内では
アルクマくんOBと吉高S部長が年代別6位でした

2017年6月11日日曜日

那須ロードレース

スタート後の左カーブ
1日目はクリテ、2日目はロード2日間行わる

ロードレースはJBCF初開催
全日本で使われたコースの一部を使用された

熊野のダメージが残るかもと1日目のクリテは参加せず、ロードのみ
7.1kmを6周回

街中をスタートして平地。しばらくして下って。ゆるい登り
上り基調の平地から、12%ぐらいの短い上り、下だって
ゆるい上り、平地になりゴールライン

逃げが決まらないコースだな〜

朝の試走で2周目後半。練習仲間のイナーメR太郎くん2号発見
3、4周目をおしゃべり&心拍アップを一緒にしていただきます

スタートはやっぱり後方
と思いきや

さらに後方にお友達ライダーのFITTEのI沼さん

スタート直後に左カーブがあるので
後方から安全に走ります

徐々に前の方に上りますが、
スピードが速く、実に大変

ゆるい登坂に入ると、イナーメR太郎くん2号が田んぼのあぜを使って、
あれよあれよというま前の方へ行ってしまった

自分はぼちぼちの前の方へ行ってレースに参加

2〜3人の逃げは決まらないので、
できれば、集団の数を減らしたい

登坂で牽制しているところを
率先して引いたり、なんか無意味なことをいろいろやって
活性化

が、集団崩壊する要素ひとつもなし

人数に長けてる弱ペダも他のチームも、さすがに集団をコントロールできず
いろんなチームがいろんな事をしてくる

イナーメはR太郎くん2号は前の方にいるもののいっさい前にです。
もう一人のイナーメ選手がいろいろやってた

自分もグランペールの人と逃げ
同じ長野県同士、力を合わせて逃げるか
なんて雰囲気にもなりましたが

集団はやっぱり崩壊する感じは1mmも感じない(笑)

なんで、集団戻り

なんてことをやっているので
まわりの選手はたぶん
快のおっさっんは何がしたいのと見てたに違いない

5周目の上りは、2番目に登坂に入ったものの
こちらは結構頑張っていたのですが

簡単に覆いかぶされ(抜かされ)力の差を感じ
登坂もっと強化せんといかんな・・・・


最終回に入るゴールライン

今まで後ろの方で影を潜めていたFITTEのI沼さんが
アタックみたいなのをかけて先頭へ

それをきっかけに、集団が活性化

横いっぱいに広がり

それまで、逃げてもすぐに吸収されるからいいやみたいな雰囲気から
逃げができたら、自分もそこに乗るみたいな感じなり

前へ前へ行こうとしなければ、どんどん後ろに下がってしまいます。

ラスト1周の疲れた時間帯
集団は安定しているとはいえ
何が起きてもおかしくないわけで

先頭付近を是が非でキープできる脚がなければ危ない

真ん中ぐらいをキープできるのやっと
と、一番危ない場所

ということで戦線離脱
後ろに下がります

こう思った瞬間
不思議ですね脚が動かなくなります

心を体と連動するというか

それまでの走りとは雲泥の差
集団についていくのもやっと
コース的にも距離的にもまだ脚は残っているはずなんですけどね

平地に入りゴールスプリントが始まるまで、集団が道横いっぱいに広がり
隙間なし

集団の後姿を客観的に見て

70名近くの集団スプリント
怖いよ〜

もちろん参加することなく、えっちらこっちら後ろの方でゴール

落車なく無事終わった(みんなウマイ!)

そんな中、R太郎くん2号は6位入賞

さすがです!

本人としては不服のようで
向上心が高い!