2017年5月28日日曜日

COUPE DU JAPON 富士見パノラマ大会マスタークラス

 真ん中のオレンジ色のバイクはお友達ライダーの元ヤン。みごと優勝!
す〜さんのチームメンバーの松本エキノコックス。そのうしろにお友達ライダーのM山さん


今期初MTB大会。
なんとニューバイク投入。29erBOOSTです!

何それ?
MTBは良くわからんという方に説明しよう

MTBが流行り始めた頃
タイヤサイズは26インチ

今や、29インチがレースでは主流なんですが
カラダがちっこい人は乗りにくい

29インチじゃデカすぎるということで

27.5インチ(26.125 )

というMTBタイヤサイズがでてきた



タイヤがでかくなったら、ハブの強度が不足
リム幅をもっと広げようよ

ということで110mm幅リム幅が生まれた
これがワイド規格のBOOSTと呼ばれている

ちなみに通常のリム幅は100mmでやんす

バイクだけでなく物事にはバランスというものがあって

1箇所だけ強度が上がって、他の部分はそのままだったりすると
帰って使いづらい代物になるわけですよ

近年のXCコースは、岩場を走らせたりと
観客が喜ぶセクションをわざわざ作って面白くし

また、29erで高速化しており

MTBバイクもそれに対応した規格を作ったということでしょうかね

で、今まで使っていた26インチのバイクが
支障が出てきてしまって

いろいろ修理するんだったら、新規格のバイク買った方が
もっとレースが面白くなるやろ と投資したわけですよ


前置きが長くなりましたがレースです。

出場者は50人程度。スタートは真ん中ぐらい
焦らなくても普通に走ればシングルトラックに入る前に前に行けそうです

元オリンピック選手のスペシャ竹谷選手が優勝候補です。
そこにす〜さんと自分がどう絡むのか!

なんですが、スタート直後
また、目の前で落車発生

一番ビリッケツスタートのす〜さんにもぬかれ

ほぼ、ドンケツって
せっかくクリートもうまくはまったのに

なんだかな〜と1人また1人とぬかして

す〜さんに追いついてスルーして

1周する頃には視界がひろがり
ゴールラインを通過したときには4・5・6位争いのアナウンス

あれ?3位の選手は?

まったく見えません

応援の人がトップと“3分差”とか

なんだかな〜と思いながら4位に浮上

後続におびえながら後は一人旅

3周目で脚が攣りそうになった以外大きなトラブルなく
淡々と我慢大会

1周重ねるごとに竹谷選手とは1分程度差がついているみたい

最終ラップ

姿が見えなかったす〜さんが、怒涛の追い上げで
見えるところまで追いついてきた

エンジンかかるの遅すぎるやろ(笑)

4位キープのままゴール

1分たったかたたないうちにす〜さん6位ゴール

お!!!!!

もう1周あったら、す〜さんに抜かれていたかもしれない
けど、負けてもいいからバトルしたかったな〜

す〜さんの底力を感じとれたので
新しい目標ができた!

竹谷選手を真ん中に
す〜さんと自分で表彰台をゲットしてシクロワイヤードに載る!

次はJ2妙高大会!竹谷選手は来ないしシクロワイヤードも絶対来ないね!(笑)

写真はエリート選手の皆様







スワコ小坂選手

スワコセイさん

2017年5月21日日曜日

高山ヒルクラ本番

家から1時間の自走で参加できる唯一のレース

今年は、いろんなイベントと重なって昨年より参加者少なめ
ならば、お立ち台の確率があがるわけなんですが

やってしまいました。自分のペースで走りすぎて撃沈です


スタートまでイズミッチやアルクマくんOBそして、実業団OBのタケさんと談笑

一番前には、昨年の優勝者アクタタマのH選手

号砲後、アクタタマのH選手と横Sさん筆頭に
15人ほどで先頭集団で形成

そのちょっと後ろに自分とアルクマくんOB

そのうちボロボロと落ちてきて人数を減らして
林の中へ

後ろにつけば着いていけそうな感じでしたが
昨年、速い選手に着いていって後半失速したので

今回は自分のペースを維持

落ちてきた選手を1人また1人とスルーして

前も後ろもいなくなり、後は一人旅

で自分のペースになりすぎて
昨年より悪かった

どーも自分は、後半失速しようが
死に物狂いで、格上選手についていったほうが

タイムがあがるみたいです。

ゴールしたら、すぐアルクマくんOBがゴール

5人ほどすでに到着していて
昨年のタイムを叩き出していれば3位に入れたようです

残念!

さて、終了後は仲間とまったり

昨年のようなゴール後
コーラと麹のジュース飲み放題てことはなかったけど

表彰式には、ひんのべにバナナ
コーラと麹のジュース飲み放題みたいな(もち早い者勝ち)

なので

当然、目ぼしいモノをバッグに詰め込んで帰宅
今後続く遠征に役に立ちますわ
実業団OBタケさん。レースは7年前の輪島以来。バイク機材ともその当時のままで時間が止まっていた。ちなみに奥さんの純子さんラジオやTVで大活躍!

今期快スポンサーのイズミッチ

男子表彰

女子表彰

2017年5月14日日曜日

高山ヒルクラレース試走

来週21日、長野・上田方面で2つのヒルクラレースが開かれます。

上田組で車坂峠へのヒルクラ試走会をやるということで

じゃ長野組でも開きますか!と企画したが
出場メンバー都合悪く

朝、区の大掃除があってCOGS練もムリだし

ボッチ練かなと集合場所に行ってみると
アルクマくんOBがいた

予想外なクライマーがいたもので
良い練習ができそう

このコース、12キロ弱
つまらん景色が続いて、実に退屈

1人で走るには、クマさんが出没しそうで
怖いです

けど、木陰が続いて夏は涼しく走れます

で、いきなり道をちょっと間違えてしもうた
それも激坂

ちょっともどって林の中へ
いきなり車止め

車が入ってないとすると
路面状況が悪いのではと心配したが

ところどころ、とがった小石に枝がころがっている

登坂するには問題ないが、下ってくるのはイヤだな程度

2人で淡々と登坂
アルクマくんOBが3m〜10m程度後方で着きず離れず

風よけにされるわけでなく
ペースを上げるわけでなく
サイレント走行でしっかりついてくるので
実に不気味です

下りセクションは路面状態もあり
少し抑えめ

山田牧場の県道合流地点にも車止めがありストップ

アルクマくんOBが前にでるが
スピードが緩んだので、再び前に

追い風を利用してスピードを上げたら
少ーし間が空いた

残り1キロぐらいで
残った力を振り絞って空いた距離を保って終了

今季初めての20キロ登坂
良い練習になりました!

アルクマくんOBありがとう!

2017年5月7日日曜日

山岳ツーリングという何か

お〜久々じゃん
中野立志館部長Hくん

先だってのトラックレースがDNSだったのは、
バイク整備中に手を大ケガしてそうで

まだ、痛いけどなんとか走れそうと参加

で、引率の先生登場

今日は、年に数回ぐらいある
午前中に帰らなくてもラッキーな日だそうで

うちらには、アンラッキーな日となるわけだが
この時はつゆしらず

久々の追い風の中
3人で交代しながら南下

上山田間近のちぎり合いセクション

引率の先生が時速47キロで300mぐらい引き続け
つき切れしそう

42〜45キロぐらいに落ちてきたら
H部長が渾身のアタック!

引率の先生の後ろで、ちぎれそうになっているのに

反応できるわけなく撃沈

ケガ人とは思えない、キレたアタックでしたわ

上山田セブンで上田組と合流
シゲさん、半さん、1telくんの3人

48はおしゃべりしながら登坂したかったが
H部長がマジ走りなので

仕方なく後ろにつきいちくん
トンネル1キロほど手前でキレてないアタックについていけず撃沈

麻績村は裏通をクネクネしながら移動

小さな登坂でH部長のアタックがかかり
半さんと引率の先生ご対応

風越峠もH部長のモチベーション変わらず
半さんと引率の先生にやっつけてもらい

青木峠もスピードゆるまず
半さんと引率の先生にやっつけてもらい

力つきたふりをしているH部長と
引率の先生を拾って下り

半さんの鬼引きで下り、青木村セブンで大休憩

さて、長野組はどう帰るか

H部長がラクして帰れると思われる
菅平経由となかば強引に決定

シゲさんと別れ
街中を移動

移動のハズが半さんの鬼引き

さっき食べたスパが出そう!!!!!

半さんと別れたら、ちょっと平和になったけど
登りでアタックがかかり

なんか出そう・・・

1telくんに案内してもらって真田到着

引率の先生に引いていただき
向かい風の中菅平へ登坂

途中、ついにH部長が力つき切れた

本格的な登りが始まったところで、自分も切れ

セブンで合流

H部長以外、後は下るだけ

須坂で別れ、車が少ない道をウネウネ

こちらはクールダウンしたいのに
引率の先生まだ走り足りなそうで
最後の最後まで前へ出てスピードを上げるもので

やっぱり最終日もちんだ

2017年5月6日土曜日

軽井沢へソフトクリームライド!

予定では八重原で地獄の周回連のはずでした。

それがなぜ?ソフトクリームライドになったのか!?

のか!!!!

まあ たまにはいいではないか

引率の先生が向かい風の中を千曲川サイクリングロードを20kmぐらい引いて、
サヨウナラ

この後のロングを考慮していただき鬼引きはありませんでした(ホッ)

後は明神館までひとり旅と

思いきや

セブンで1telくん合流

八重原練を組んだのは、1telくんが帰省から戻ってくるので
お土産をもらおうと

はるばるやってきた

のに

職場の仲間にご当地カントリーマアムを買ってきたから
1個ならくれてもいいよ って

すげ〜上から目線

これ、普通のカントリーマアムの3倍の値段するんだとか

おしゃべりしながら、

集合場所に行ってみると
シゲさんとライザップのみ

このところ仲良く行動を共にしているので、
ちぎり合いしてもな〜

ということで、軽井沢へモカソフトを食べにGO!

アップダウンを繰り返すハードコースを
ツーリングという何か

シゲさんが切れるが、交差点で回収

シゲさん速すぎるよ〜
ぜんぜん休めないじゃん!(ブーイング)

佐久平を仲良く通過
さすがに、腹が減ったのでセブンに寄ってもらい補給

さすがに、中軽井沢は車が多く
観光客でごったがえしていた

で、ツルヤでモカソフトクリーム堪能

おっさん4人がペロペロ

ちょうど雨が降ってきて
雨宿りになった

晴れたところでGO!

1000m林道を北上
キレのないちぎり合いをして

終了。

またも向かい風で

ちんだ

あっ お土産もらい損ねた

2017年5月5日金曜日

こどもの日は大花見練

昨日は皆無だったらから
今日は少しはいるだろうと思っていたら

本当に少人数で
信大Sくんと吉高Sくんの2名

3人で千曲川河川敷を南下

自分はお疲れモード。S部長は調子が悪いらしく
先頭に出るとスピードが落ちる

途中から、疲れを知らないヘンタイ引率先生登場

4人で回してバトルなしで上山田セブンへ

上田組はシゲさんのみ

たまには違うルートで登ろうと引率の先生
48はショートカットの激坂はおしゃべりしながら登坂

シゲさん今年は脚が出来ていて
あまり遅れずついてくる

なので休めない(笑)

で、変なところでスピード上げ切れていった(ブーイング)

調子の悪いS部長も切れ

信大Sくんと、お疲れモードの自分は
引率の先生にしがみつくだけ

下りを良く知らないSくんが、登りで脚を使い
終盤切れ

ゴールの坂で自分は力つき大花見到着
引率の先生強し!

帰りも引率の先生に引きづり回され
瀕死状態の3名

ちんだ

重症/信大Sくん、吉高S部長
軽傷/チューブレスおじさん

2017年5月4日木曜日

みどりの日は菅平ヒルクライム

連休2日目。昨日の疲れが抜けてない

速い選手が来たら殺されると思いきや
来なかった・・・・ほっ

長野組はイズミッチ
おしゃべりしながら登坂

まもなくひとり旅

天気が良く
空気が冷たく、ヒルクライムにはちょうど良い

ですが、さすがGW。
車が多く引っ切り無しに通り過ぎる

菅平セブンに着くと
上田組からはライザップ

ここもGW効果で大混雑
菅平だから寒いかもと防寒着を持ってきたのに

クソ暑い

3人では、予定していたクリテ練もなんなので
ヒルクラ練に変更

時間差スタートで追い込み練2本

2017年5月3日水曜日

憲法記念日はバナナ練

5連休の初日。ここでガツガツ走ると後が続かない

ラクしてバナナ練と思いきや

後ろのチームに追いつかれ
緩んだのでぬかしにかかり
半さんとゴールスプリント

後続車がぬかせなく、渋滞になってたと
後続選手にご注意をいただくぐらい
(危険なので良い子はマネしないように)

チームTTで思いのほか、頑張ってしまった

上田組と別れて聖湖の登坂
1人信号で引っかかず、先にのんびり走っていたら

引率の先生合流
「行くよ!」とハッパをかけられ

渋々後ろに合体

スゴイ剣幕で
R太郎くん、吉高S部長、上千高H部長が登坂してくる

追いつかれた同時に、アタックをかけてR太郎くんが逃げていき
上千高H部長の後ろについて追走

引率の先生と8とバナナ練をマジメに頑張っていた吉高S部長は切れた

工事信号待ちで、スピードが緩んだR太郎くんに追いついたが
再びアタックされ

逃げられ、上千高H部長に負けじと走り
頑張ったしまった!!!!!!!

初日だから頑張るつもりじゃなかったのに!!!!

クールダウンしている長野組を尻目に
午後予定があるS部長と2人で千曲川河川敷で帰宅

後ろに着いていたのに、づかれた〜!