2017年6月2日金曜日

熊野1日目

今年もやってまいりました。3日間のステージレース。
kYさん、鮎ちゃん、自分の3名
今年もチエちゃんご実家の全面的なバックアップを受けての参戦です。

ちなみに最低4人のエントリーが必要ですが、残念ながら1名DNSです。

1日目は赤木川清流コース3周回

スタートは後ろからで、様子を見ながらつき位置くん

昨年より全体安定していて、走りやすいです。

力のあるチームのさらに力のある選手が6~7人が逃げ
集団が間をおいて走ります。

まさにロードレースぽい展開です。

追いつく差なんですが捕まえない

ということで、KOMの登坂に入る前に
集団から抜け出して先頭グループに合流

ゴールラインまで後ろについてましたが、中学校の短い登坂で
自分とDEAF JAPANのエース早瀬選手と若干遅れます。

下って平坦になり、50mくらいの差
追いつこうと思えばなんとかなったのかもしれませんが

後ろの集団も背まっており どうするか
ここで力を使うのは

集団に吸収されるだろうと
あきら~めた

早瀬選手ともう一人が
あきらめず、自分の後ろから追走

自分は集団に戻り回復

変わって鮎ちゃんが集団の先頭へ
すぐに2人を吸収

先頭グループとは30秒に広がり
50人ほどのグルペットもまったり

何人かスピードを上げようと試みるが
弱ペダにマークされ
後も続かず

回復してきたので、橋を渡って上りに入ったところで
集団を活性化しようと前に出たら

やっぱり弱ペダに潰された & 脚続かず

で、まったり

下りでもう1回前に出たけど
脚なく

45秒まで広がり、なんかあきらめモードが全体に漂い始め

3周目の最終周回は前に行く脚がなくなり
まったりムードの中。明日のために温存作戦

KOMに入る前に前にでなくてはならいのだけど
落車が怖くて後ろに下がり

鮎ちゃんは前の方に出てゴールスプリント参加

自分は集団の後ろで金魚のフン状態でゴールと分相応

ところでKYさんは?


安心してください。完走できました。

写真はUCIレース
インターネットで中継もやっているので、見ながら応援

山岳賞獲得




ブルーのチームジャージはシマノレーシング コータ選手

イナーメR太郎選手。応援に笑顔で対応。まさに神対応!


video
KOMの入り口

0 件のコメント: