2008年7月27日日曜日

小川村 BR-2 (by han)

いよいよ来ました小川村。このレースに出場したくて、実業団登録をしたようなものです。地元ということで、たくさんの応援とサポートに支えられ、否応なしに気合が入ります。気合が空回りしなければいいのですが、少しでもいいレースをしたいところです。

朝から日差しが照りつけ、スタート前からじりじりと首筋が暑くなります。召集で日陰に陣取った人は正解でしたね。待っているだけで体力を奪われるように感じます。BR-2のエントリは100名ですが、この厳しい山岳コースで果たして何人が生き残るのでしょうか。また、自分は生き残れるのでしょうか。体重が富士山の時より2kg近く増えていることが気になりますが、練習はしっかりやっていましたので、冷静に走れば完走はできるはずです。

そしていよいよスタートです。まずは町内をパレード走行します。パレードにしてはペースが速い気がします。心拍が結構高くて先が思いやられます。位置取りのため上がってくる人もいて、体が何度かぶつかりますが、BR-2レベルだと安心して当たれますね。

周回コースに入ったところで先導バイクがいなくなり、レースのスタートとなります。序盤は平地基調のゆる坂なので、大きな集団のまま進みます。グイッと上るポイントが何か所かあるのですが、ジェットコースター効果が遅れてくるので結構きついです。F(t)のてぃーざきさんとUmiさんの列車が右から上がっていきますが、着いては行かずにポジションをキープします。

前半のゆる坂セクションが終わると、ヒルクライムセクションに入ります。皆ダンシングで上げていきますが、自分はシッティングで無理をしないようにします。試走の時に前半頑張ると後半でダレていたので、集団から多少遅れても我慢です。少し前にFitteのA藤選手が見えるので、彼から大きく遅れなければ大丈夫でしょう。そのうち前からUmiさんが落ちてきましたが、かなりつらそうです。後で聞いたところでは、腰痛がひどかったそうです。一声かけて抜いていきます。

大分先頭から遅れたようですが、無事に一回目の上りをクリアしました。サポートの方から水をかけてもらうと気持ちがシャキッとして復活しますね。下りはA藤選手やスワコのS藤選手と一緒に下っていきます。上りで前に行った選手を何人か抜き、てぃーざきさんもパスします。周りの下り速度は思っていたよりもずっと遅かったです。おかげで難なく集団に復帰できました。

二回目の上りに入り、序盤は集団の中でぬくぬくと過ごします。チームメイトのむらさんの姿もあるし、超人☆倶楽部のミゲさんともおしゃべりします。ここでBR-3の先頭が追いついてきたため、集団が大きくなります。"みんな速いよね〜"なんて喋る余裕がまだあります。ヒルクライムセクションに入ると集団はばらけ始め、無理をしない自分は早々に切れますが、ミゲさんから大きく遅れないようにペースを決めます。しかし、試走では34-19Tで上っていたにもかかわらず、早々に34-21Tに入れてしまいました。ペースを抑えているつもりでも、かなりの負荷になっていたようです。

頂上の補給ポイントでもまだボトル半分が残っていましたので、この周も補給は取らずに水掛けだけをお願いしました。水の刺激で生き返りますが、的が外れて靴が濡れてしまい、気持ち悪いです(笑)。下りで踏んで先行するミゲさんまで追いつきます。

下りの終わるところで、S5選手が応援に来てくれました。"頑張れば集団復帰できるよ〜"との声援に、"もういっぱいだよ〜"と情けない回答しかできません。しかし、三回目のゆる上りで集団の姿が確認できると、千切れ組でペースを上げて無事に復帰します。ミゲさんが脚をぶらぶらさせながら、"攣る寸前だよ"と言っています。でもまだ2回上らなければなりません。"お互い行けるところまで行こうよ"と励まし合いながら、ヒルクライムセクションに突入します。もう、力が入っているような入っていないような、惰性で上っている感じです。

最後の上りに備えて、補給ポイントにて水のボトルを受けとります。500mlは重すぎるので、体にかけたりして軽量化します。ミゲさんと下っていきますが、さすがに集団復帰はもう無理だろうと思いきや、四回目のゆる坂セクションにてまたしても集団発見です。千切れ組4人にて追いますが、ミゲさんは元気で、集団に追いつくとそのまま先頭に出て、引き離しにかかりました。まさに漢走りです。普通はつぶれる逃げですが、ミゲさんがやるともしかして?と思わせる何かがあるんですよね。バイクのサインボードによると、最大20秒まで差が広がりました。

最後のヒルクライムセクションに突入し、後は気合で走るだけです。てぃーざきさんを含む先頭集団は、すぐに見えなくなりました。しばらくして後ろにいたスワコS藤選手に抜かれましたが、追えるだけの力がなく、ズルズルと離されます。振り返ると他にも選手がいて、気が抜けません。そのうち、力尽きたミゲさんとボンシャンスの選手が落ちてきました。ミゲさんはもうボロボロになっていましたが、一か八かの漢走りの結果ですから立派です。抜きざまに声をかけ、あとはゴールまで誰にも抜かれないよう全力で走ります。もう振り返りません。振り返っても仕方のないことですから。前の選手に追いつける距離ではないですが、とにかく全力でもがきます。最終コーナーを周り、後は流しても順位は変わりませんが、もがきつづけます。そしてヘロヘロダンシングのままゴール。もうフラフラです。

結果は13位。先頭から2分半ほど遅れました。麓では集団だったので、最後の上りセクションだけでこの差になったということです。F(t)のてぃーざきさんは富士山に続いての入賞でした。自分が10位以内で走ってあわよくば入賞するためには、もう一皮ムケないとダメですね。はたして、ムケる日が来るのかどうか...。

最後に、サポート、応援してくださった関係者の皆様、ありがとうございました。


2 件のコメント:

ノリ さんのコメント...

お疲れ様でした。すごいですね。13位とは集団中におられてすぐに見えなくなってトップから2分差とは1が見えてきたんじゃないですか。
しかし快レーシングの方たち補給でかなり人数おられてうらやましいっす。

han さんのコメント...

ノリさん:
1なんてとても無理ですよ〜。リザルトの平均速度をみるとBR2のトップでも脚切りですね。恐ろしやー。
今回は地元ということもあり、サポートと応援がとても励みになりました。もう少しいいレースを見せたかったのですが、実力的に厳しかったです。シルベストさんこそさすがにJグランプリ獲得チームだけあって、いつも大所帯でうらやましいです。