2008年4月27日日曜日

東日本実業団BR-3 群馬CSC

hanです。東日本実業団のBR-3に参戦してきました。快レーシングからはBR-1にS5さん、BR-2にむらさんが参戦しています。

BR-3は朝が早いので、前日にみなかみに入りました。BR-3は人数が多いため、113名ずつの2組にわかれました。受付を済ませ、エントリ表を見ると、自分は第1組。あちゃー、知った名前ばかりいます。おそらく1組の方がペースが速くなるでしょう(実際その通りでした)。お友達関係では、ARIのBeeさん、超人のミゲさん、バモさん、ミヤケンさん、そして、スキップのeibinさんが同じ組です。かなりきついレースが予想されますが、楽しい展開になりそうです。土曜日はそのまま道の駅で車中泊しました。

そしていよいよ日曜日、朝5時に起きて、めずらしくちゃんとアップをしました。前の方に並ばないとレースにならないよと各方面よりアドバイスをもらっていたため、試走はせずに召集がかかるとすぐにスタート位置に移動しました。そして図々しくも伊吹山に続いてまたしても最前列に陣取ってしまいました。すぐ脇にむらさんがきてくれたため、使用禁止のアームウォーマーを預かってもらい、スタートまでの時間をいろいろと話しながら過ごしました。BR-3は60km(10周)のレースです。

そしてスタート。慌てる必要はないので慎重にクリートを嵌め、序盤は慎重に20位付近を走ります。3周ぐらいすると、集団が落ち着いてきました。時々数人が逃げっぽくなりますが、集団の速度がまずまず出ているため、まったく決まりません。そのうち超人の3名が前の方に集まりだしました。どうやら逃げようと考えているようです。面白いので自分も便乗してくっついていきます。しかし、逃げというよりは集団を縦に伸ばしたという感じで終わりました。

レース中はお友達と話していることが多いのですが、"hanさん逃げないの"、"逃げたらついてくよ"、"俺も俺も"、"何行ってんだよ無理無理"なんて冗談を言いながらレースは進みます。集団の先頭をちょっと長引きし、後ろのバモさんから"hanさん、交代しないとバテちゃうよ"と言われますが、"いや、心臓破りにカメラマン(むらさん)がいるので、この周回は先頭で入りたいんだよ"と言ったにもかかわらず、上りで超人サンたちは前に出るんだもんな〜。おかげでシャッターチャンスは訪れず。


レースの約半分が終わったところで、Beeさんが飛び出して行きました。漢の一人逃げです。キレが良かったこともあり誰も追いません。ちょうど自分は少し下がっていたので、完全に見送りました。ギャラリーから入る情報だと、約30秒ほど開いたようです。あまり差が開かないように自分も先頭に出て集団を引きます。3周ほどしてようやく追いつきました。"Beeさんお疲れ様"、"hanちゃん後ろで休ませて"。どうぞどうぞ、いくらでもお休みください。できれば最後まで休んでいてもらえると助かるのですが。

そしていよいよレースは終盤です。ここまであまり後ろに下がらないよう気を付けて走ってきました。集団の中程にいると、すぐに順位が下がってしまうため、定期的に脚を使って前方に上がるようにしていました。ラスト1周となるスタートゴールラインは集団の先頭を引いたまま通過です。JCRCではポイント賞となるところですが、BR-3ではここで先頭を引いている時点でほぼアウトでしょう。でも気持ちいいんですよ。なんてったって先頭ですからね。

しかしさすがに最終ラップは速度がグッと速くなり、ホームストレートではズルズルと順位を下げてしまいます。下りに入ったところでは、30番ぐらいに落ちていたと思います。さすがにこれはヤバいと思い、下りが終わったところから脚を使って前に出ていきます。しかし、調子に乗って頑張りすぎて、またまた先頭に出てしまいました。どうせスプリント勝負では勝てないので、こうなったら一か八かこのまま逃げることを考えます。最初の上りはアウターのまま行きます。そして心臓破り、どかんと集団に飲まれました。最終周回はアウターのまま上るべきでしたが、たまらずインナーに落としてしまいました。あとは集団のまま安全にゴールをすることを目指します。

しかしまあ、見事な抜かれっぷりだこと。一応、20位以内はキープしたかったので、最後まで気を抜かずに走ります。そのまま何人かと並んでゴール。そして結果は18位でした。脚は残っていましたが、それを出し切るだけのパワーがありませんでした。そして、どこで使うかというタイミングも重要ですね。まあ実力相応の結果なのですが、比較的楽に走れたことで逆に追い込めなかった感が強く残ってしまいました。しかし、こう感じる時の方が、実際は走れているのでしょうね。

超人のミゲさんは3位表彰台、Beeさんは途中漢逃げをしたにもかかわらず7位、eibinさんは11位と、お友達関係は皆速かったです。レース自体はとても楽しく走れましたが、結果を残すためにはもっと練習しないとダメですね。今日のところは人とぶつかっても落車せず、五体満足でゴールできたことに感謝しましょう。

Beeさんからは"hanちゃん右側にばかりいて風受けてるから、もっと集団の中で休めばいいのに"って言われましたが、いやー、さすがによく見ていますね。その通りで、自分はほとんど右端にいます。集団の中にいると遠慮が多くなって順位を下げてしまうんです。あと、一気に動けるポジションにいたいので、端っこを走ることが多いのです。レースを終えて考えてみれば、無駄に動いて前にいる必要もなかったため、もっと集団内でヌクヌクしていれば良かったかもしれません。まあ、次への課題にしましょう。

その後はBR-2、BR-1と応援しながら観戦(応援と言いつつ、その半分以上は超人サン達やF(t)のS口さん、umiさん、T崎さんとしゃべくっていましたが...)。むらさんとS5さんも無事に完走しました。レースはもちろんですが、おしゃべりも楽しい一日でした。

2 件のコメント:

Bee さんのコメント...

お疲れ様でした。
楽しかったレースですね。
集団前方及び右方でいい走りしていましたね。(笑)
hanちゃんが追いかけて来ると思ってちょっと期待していたんですが、一人旅してクタクタでした。後ろで休ませて頂きありがとうです。今度は一緒に逃げましょうね。g

han さんのコメント...

beeさんお疲れ様でした。beeさんが飛び出したとき、ちょうど後ろに下がっていたのでタイミングが悪かったですね。先週のJCRCの時に思いましたが、二人逃げになるとかなり違いますので、チャンスがあったらまたお願いします。